更年期の育毛剤

更年期の女性育毛剤選びについて紹介します
男性も女性と同じように中高年になると、抜け毛や薄毛が気になり始めます。
こういう時は育毛剤を使うのも効果的ですが、男性と女性では抜け毛や薄毛の性質が異なります。
男性に有効な育毛剤を女性が使っても、根本的なところが違っているためほとんど効果は期待できません。

 

 

・男性と女性の違い

 

男性も女性も抜け毛の原因は様々であり、原因が複合しがちです。
ストレス、加齢、タバコ、アルコールなど原因もいろいろありますが、男性も女性もホルモンが大きく関係しています。
男性の抜け毛は男性ホルモンに含まれる物質から、発毛や育毛の阻害因子が発生し、抜け毛や薄毛になり、やがて毛根が活動を停止するので、毛が生えてこなくなります。
その結果禿げてしまいます。

 

女性の場合もホルモンが原因となりますが、原因となるホルモンが違う事や、女性の場合は完全に毛が抜け落ち禿げるというよりは、毛自体が細くなりボリュームダウンするので、毛自体は存在しています。
育毛剤を使うにしても、それぞれに原因が異なるため、働きかけも変わります。
これが更年期の女性の薄毛や抜け毛に、男性用の育毛剤を使ってはいけないと言われる理由です。

 

・男女兼用の育毛剤は?

 

中には男女兼用の育毛剤も存在しています。
この場合は抜け毛や薄毛の原因にもよりますが、頭皮環境改善には効果があるかもしれませんが、根本的な原因が違う場合は、男女兼用の育毛剤を使ってもあまり効果は期待できないかもしれません。
やはり男性は男性用育毛剤を、女性は女性用育毛剤を使うのがおすすめです。

 

・女性の薄毛も治療ができる

 

女性が男性用育毛剤を使ってもほとんど効果は期待できませんが、男性の薄毛が治療できるように、女性の抜け毛も治療が可能です。
早い段階で育毛剤を使っていけば、ある程度は改善効果も期待できますが、なかなか効果が得られないような時は、思い切って薄毛や抜け毛を治療してみましょう。
男性と女性それぞれの専門外来でも対応してもらえますし、男女どちらにも対応できる最先端の再生医療を取り入れた治療などもあります。
育毛剤も自分に合っている物を見つけるのは大変です。
自分に合わない育毛剤を使い続けてもあまり効果は期待できませんし、進行していけば女性でも地肌が見えてしまうほどけが抜けたり薄くなったりします。
手に負えない時は、病院で治療をするという選択肢がある事を知っておいてください。
病院で専門的な治療をして、効果を実感している人もたくさんいます。