更年期の抜け毛の原因

更年期になると、女性は体の至るところに様々な変化が現れ始めます。
これは更年期に起こるホルモンバランスの変化が原因です。
更年期障害とも言われますが、その中に抜け毛という症状があります。

 

 

そもそも更年期とは?

 

更年期は女性であればほぼ全員がいつかは経験する事です。
年齢とともに体の機能が少しずつ低下して行くのは、老化現象の一種ですが、女性ならではの臓器となる、卵巣や子宮も年齢とともに機能が低下していきます。
多少の個人差はありますが、だいたい50歳前後で卵巣の機能が停止すると閉経となります。
閉経を迎える前後5年間の系10年間を、更年期としています。
更年期に差し掛かると、卵巣から分泌される女性ホルモンの量が減っていくため、様々な障害が現れるのです。
卵巣の機能は28歳をピークに徐々に低下し始めますが、35歳を過ぎると女性ホルモンの減少が加速し始めます。

 

 

更年期の抜け毛の原因

 

更年期に差し掛かるだいぶ前から、卵巣の機能が徐々に低下し始めるため、女性ホルモンの量は確実に減っていきます。
20代ではまだそれほど大きな影響は受けませんが、40代に差し掛かる頃には女性ホルモンの量もかなり減ってきます。
女性ホルモンのエストロゲンは卵巣から分泌されていますが、エストロゲンは髪の成長にも関係している重要なホルモンです。
エストロゲンの量が減る事で、髪の発育にも影響が出るため、抜け毛の原因となってしまうのです。
エストロゲンが減少すると、髪以外にも様々な影響を与えますが、抜け毛や薄毛は目に見える変化なので、自分自身でも抜け毛が増えた、髪が薄くなった、髪にボリュームがなくなったと実感するようになります。

 

 

女性特有の抜け毛や薄毛

 

男性も年齢とともに髪が抜け薄くなるという症状がありますが、女性の薄毛は男性の薄毛とは少し仕組みが違います。
女性の抜け毛や薄毛は、びまん性脱毛症といいます。
エストロゲンの減少により、抜け毛も増えますが、髪自体が細く、1つの毛穴から生える本数も減っていくため、毛が抜け落ちて禿げるというよりも、髪全体のボリュームがなくなり分け目や生え際が目立つようになってきます。
ただし一気に来るわけではなく、徐々に抜け毛が増え薄くなっていく傾向が有るため、年のせいなどを思い込みやすいのも特徴です。
根本的な原因は女性ホルモンの減少による、ホルモンバランスの乱れです。
気付いた頃にはかなり薄くなってしまう事もありますが、気づいてからでも対処する事は可能です。

女性用育毛剤で更年期の抜け毛対策

更年期になると女性ホルモンの減少と、体全体のホルモンバランスが変化するため、抜け毛や薄毛が気になり始めます、多少の個人差はありますが、これは多くの女性が経験する事です。

 

避けて通れない事ですが、対処法はありますから、早い段階から適切な対処をして行く事が大切です、その方法として育毛剤を使うのも効果的です。
更年期に選ぶ育毛剤のポイントを紹介します。

 

 

 

女性ホルモンに注目する

 

更年期前半は閉経が近いため、女性ホルモンのエストロゲンが大幅に減少しています。
エストロゲンは髪の発育に欠かせないものですから、量が不足すればどうしても抜け毛や薄毛が目立ってしまいます。
育毛剤の成分に女性ホルモンとよく似た働きを持つ成分が含まれている物を選びましょう。
育毛剤にも種類はありますが、できれば女性用に開発された育毛剤を選んでください。
女性の薄毛や抜け毛は、男性の薄毛や抜け毛とは少し性質が違います。
このため男性に効果的な育毛剤を使っても、女性はあまり効果を実感できない事があります。
最近は更年期の女性用育毛剤も増えています。
有効成分を多く含む、女性用薬用育毛剤がおすすめです。

 

血行促進と頭皮環境の改善

 

年齢とともに頭皮環境も悪化していきます。
顔と同じように頭皮もケアしてあげないと、頭皮は固くなり、毛穴が詰まりどんどん頭皮環境が悪化し、これが結果的に髪の発育に悪影響を与えてしまうのです。
顔のケアは念入りにしていても、毛髪があるため頭皮のケアは疎かになりがちです。
育毛剤は頭皮環境改善にも役立ちますので、抜け毛や薄毛が気になり始めたらできるだけ早い段階で取り入れて行きましょう。
付ける時には頭皮のケアも兼ねて、頭皮マッサージをします。
頭皮マッサージをする事で血行が促進され、細胞が活性化するので、頭皮が元気になります。
シャンプーの見直しもプラスすれば、毛穴詰まりも解消されます。
スキンケアと同じように、頭皮も毎日ケアしてあげてください。

 

頭皮を保湿する

 

頭皮マッサージにより頭皮の血行が促進されるだけでも、頭皮環境はかなり改善されますので、早い段階で抜け毛が減るのを実感できるようになります。
頭皮にも潤いは必要ですから、育毛剤に保湿成分が含まれている物を選びましょう。
頭皮マッサージで頭皮が柔らかくなり、細胞が活性化すれば、育毛剤の浸透力も高まります。
保湿成分をしっかりと浸透させてあげれば、頭皮環境も大幅に改善され、抜け毛や薄毛も徐々に改善されていきます。

シャンプーで更年期の抜け毛対策

更年期の抜け毛は、ホルモンバランスの変化することが主な原因ですが、それに伴い頭皮環境も悪化しがちです。
シャンプーの成分や洗い方によっても頭皮環境は変わりますから、更年期特有の抜け毛に対処するための、シャンプー選びを考えてみましょう。

 

 

シャンプーの成分を見直す

 

更年期はホルモンバランス以外に、シャンプーも抜け毛を増やす原因になる事があります。
市販されているシャンプーには、指通りをよくするためにシリコンが使われています。
泡立ちをよくするための合成界面活性剤、合成香料や合成着色料も全て頭皮や髪には負担をかける物です。
使い心地を良くするために必要な物は、頭皮環境を悪化させる原因になる可能性が高いのです。
普段からスキンケアをきちんとしている人でも、頭皮のケアは疎かになりがちです。
顔と頭皮は1枚の皮膚でつながっていますから、頭皮もケアしないと肌荒れと同じ状態を起こしてしまいます。
育毛剤等を使うのも効果的ですが、その前にシャンプーの見直しをしてみましょう。

 

更年期におすすめのシャンプー

 

シリコンは指通りや使い心地を良くしますが、剥がれ落ちる時に髪のキューティクルを剥がし、毛穴詰まりの原因になりやすいです。
年齢とともに体の水分が減っていくので、肌は乾燥しやすくなりますが、これは頭皮も同じです。
頭皮の乾燥に毛穴詰まりを起こせば、頭皮環境はどんどん悪化していきます。
毎日シャンプーしているのに、なんとなく頭皮がベタついたり、臭いがしたり、フケが出たりするのは頭皮環境が悪化しているサインと考えられます。
こういう時におすすめなのが、アミノ酸系、弱酸性、無添加のシャンプーです。
化学的に合成した成分を一切使用していない、髪と頭皮に優しいシャンプーを選んでください。
毛穴詰まりを起こしている時は、毛穴クレンジングもプラスしてみましょう。

 

シャンプーの仕方

 

シャンプーを優しい物に変えても、シャンプーの仕方が悪ければ頭皮環境は改善されません。
あらかじめブラシで汚れを落としたら、お湯だけで軽くすすぎます。
シャンプーをする時は、ゴシゴシと頭皮をこすらず、指の腹で頭皮全体をマッサージしていきます。
シャンプーは髪を洗うイメージですが、正しくは頭皮を洗います。
頭皮マッサージをする事で、頭皮の血行が促進され細胞が活性化されれば自然と頭皮環境が改善され抜け毛が減るのを実感できるようになります。
すすぐ時はすすぎ残しがないよう、念入りにすすぎます。

更新履歴
  • (2016/04/23)食事を更新しました